スキルゼロで新しい分野の雇用契約ゲット!銀行融資を受けたい!

試用期間が終わり、本日CDI契約にサインしてきました🎉

 

CDI契約までの流れ

 

フランスに住んで4社目となる今回の会社。

応募から短期採用→正社員契約までの流れは、

  1. 応募要項を見つけて、メール(CVとポートフォリオ添付)
  2. その日のうちに面接の連絡✉️
  3. テレワークの頻度や使っているソフトについて質問✉️
  4. 面接
  5. スキルテスト(1週間で製品を提案する)
  6. 合格の電話
  7. 試用期間としての短期採用(CDD)
  8. CDD終了1日前に面談→CDI契約

 



 

スキルゼロの世界に飛び込んだよ

 

今までの仕事はガチガチの製品デザイン。

3Dを使って技術チームと一緒に家電製品を作る、そんな仕事でした。

 

10年同じ仕事を続けて「少し違うことがしたいなぁ」と思うように。

元々デザインの道に進むきっかけになった「テキスタイル」の世界。

「違う分野だと学校へ行き直して1から勉強しなきゃかな?」とか「経歴違いすぎて門前払いだろうなぁ」と一瞬頭によぎったけど、

応募するのはタダだし勢いに任せて送信ボタンをポチリ😂笑

私の履歴書・ポートフォリオには一切テキスタイルのページなんてないのに。

 

だけど、その日のうちに「履歴書見ました。興味あるから一回面接してみましょう」と連絡が。

実際のメールがこちら(名前は隠しています)。

Bonjour, je suis —, designer chez —–, j’ai étudié votre candidature, votre travail est intéressant mais très axé objet, nous sommes surtout des créateurs de textile.

Si vous en avez bien ça en tête et que notre univers vous intéresse, nous pourrions nous rencontrer pour parler d’une éventuelle collaboration. Seriez-vous disponible mardi — vers 14h30 ?

そのメールに対して私の返信は、

Bonjour —- Tout d’abord je vous remercie d’avoir pris le temps de me répondre.

En effet mes expériences sont axées produits, aujourd’hui l’univers du textile m’intéresse fortement voilà donc pourquoi je me suis permis de postuler sur ce poste.

Mon but premier est de ne pas vous faire perdre votre temps donc je vais aller à l’essentiel de mes questions.

– Sur quel genre de logiciel travaillez- vous ?

– Le lieu du poste est à —- ? Si oui, quelle est la fréquence sur site ?

全く使えないソフトだったら仕事にならないし、毎日の通勤は考えていなかったため、答えによっては面接辞退を考えていました。

するとソフトはイラレとインデザイン。通勤は週に2日のみ。条件◎のため面接をお願いしました。

 

面接当日。

知識のない分野に進むことへ足が竦み、

夢がいきなり現実に近づくと急に怖くなって「家から1時間もかかるし、面接行かない〜😭」とムリヤリ言い訳を並べて怖気づく私に対して、

「コロナで全然新しい出会いないし、人に会っておしゃべりしてこよーくらいの気持ちで行ってきたらいいよ」と主人が背中を押してくれて、無事面接を受けることが出来ました😏

 

面接で聞かれたこと

 

面接は約20分ほど。

  • 簡単な自己紹介
  • この会社でどんなことがやりたいのか
  • 今までの仕事で得たスキルがこの会社でどう活かせるか

と主に3点。

スキルゼロの私がこの会社に貢献できることがあるとすれば、

前職の大手で培った仕事の進め方や効率化を図った工場とのコミュニケーションに加え、

プロダクトからインスピレーションを受けて新しいデザインを生み出せること(強気😂)と答えました。

 

終始リラックスモード。

 

フランスの面接でいいなと思うのは、素直になれるところ。

日本での面接は自分をいかに良く見せるかに注力しがちで、

準備した答えを暗記してそれを言わなきゃ!と緊張してしまうのに対して、

フランスは、お互いの持っているもの、希望のすり合わせ、と言う感じなので好きです。

 



 

人の会社で働くということ

 

フリーランスで働けるこの時代に、なぜ正社員なのか。

会社勤めは、自分の時間に値段をつけられて人の会社の歯車になって、消耗するような感覚が昔はあったんだけど、

  • 普通なら学費払って勉強したい分野でお金もらいながら仕事が出来る
  • 仕事をしている時の方が新しいアイデアが生まれやすい
  • スキルの高い同僚と仕事をすると学ぶこといっぱい
  • 自分のアイデアを人のお金で試せる(😂いやらしい?笑)
  • 銀行から融資を受けやすい(CDI)

会社勤めしててネックな通勤も週2でいいとなれば、今の私にはメリットが多い。

 

仕事してるといいことばかりじゃなくて失敗もするし、仕事量が多くてパンクすることもあって、

「むいてないなぁ。辞めてしまいたいなぁ」と思う瞬間って割とあるんだけど(CDD期間だけでも10回は少なくとも考えた😂)

でも仕事辞めたからって解放されるか?っていうとそうでもないんだよね。

人間いつでもどこか違うところに逃げたくなる生き物。

だから、組織にいることを利用できるくらいの方がいいと思う。

 

銀行の融資を受けやすい

 

家やオフィスを借りたり買ったりするには、不動産や銀行の信用を得なくちゃいけない=「毎月安定した稼ぎがあること」がまず大前提。

今日本に家を買いたいなと思っているから、

フランスで銀行の融資を受けるには正社員雇用(CDI)は必須。

 

フリーランスであっても、バリバリ毎月稼いでまーす!って人ならすぐ融資も受けれるかもしれないけど、

すぐのすぐにその計画は実行出来ないから、

今出来る最善策は会社勤めをすることなのです☺️

 

銀行の予約

 

CDIが決まったので、銀行の予約を取りました。

投資含め、日本で家を買うならどう進めていけばいいかなどを話し合います😌

 

まだ数年先の夢だけど、少しずつ近づいていくよ💪

 


オススメ記事をチェックする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください